代表インタビュー/体験談

「食べるために食べない!」ってどういうこと?

Q そもそもGazelleでファスティングを提供するきっかけは?

 

A 私自身、お酒を飲まない日は年に1度あるかないか。タバコは1日1箱吸うほどではないけれど、毎日1時間近くの有酸素運動はこの5年間1日たりとも欠かさない・・・。

それなのに何故、現役の時と比べて15キロ以上重たいまま変化がないのか?

別に細マッチョになりたい訳ではないけれど(もう50に近いし)、生活習慣病だって気にならない(高血圧だと認識しているけど、何か)。やっぱり食事とお酒か・・・。

きっかけは何気ない会話のやりとり。「パフォーマンス上げるには、やっぱり休みも必要だよね」運動・休息・栄養って当たり前の話。確かに睡眠時に脳と筋肉は休めてるのかもしれないけど、消化器管はどうなんだろうとその時ふと思いました。夜遅くまで飲んで食べて、ちょっとの睡眠でまた朝・昼・晩というサイクル。何を・何か食べる・食べないは別として、これではまるで今の仕事を片付け切れないまま、次から次へとメールや電話が殺到して手に負えない状態と似ているのではないか。カラダが悲鳴をあげないほうがおかしい。リセットが必要だと感じたんです。

Q 体内リセットがファスティング?

 

A ダイエットが目的になってしまうのはどうかと。そもそも食べないので一時的に痩せるのは当たり前。やはりデットクス(解毒)効果や体質改善がメインでしょう。むしろ無駄に気づくことが大事。無駄な栄養、無駄な脂肪、無駄なストレスから解放され、自然治癒力とういうか感性が高まります。

Q ファスティングにおける注意点は?

 

A はじめてされる方は準備期と回復期が特に大切だと思います。これが結果的にダイエット効果に繋がります。ファスティング中の解毒を高め、腎臓や肝臓への負担を軽減させるためにも甘いモノや動物性たんぱく質は控えるべきだと教えてもらいました。

Q ファスティングの効果は?

 

A はじめは、準備1日・ファスティング10日・回復3日の2週間をやりました。10キロ以上体重が落ちました。その後、毎月月初に準備1日・ファスティング7日・回復2日をベースに半年が経ちました。お陰さまで気になる数値はすべて改善されて、生活習慣病から解放されました。リバウンドする暇もありません。ファスティング期以外はお酒もタバコも普通に嗜んでいます。(量は減りましたが)コンビニで食べ物を買うことがほとんどなくなりましたね。美味しいモノをより美味しく、不必要で害のあるモノは食べない。まさに「食べるために、食べない」です。(笑)

体験談① 40代女性

準備期間3日 ファスティング期間6日 回復期間4日 体重-5kg


「6日間食べないなんてありえない!」そう言っていたAさんもその効果にびっくり!
体験後の変化について「一番大きかったのは食に対する意識」と語る。普段の生活では、時間だから食べることが多かったという。お昼だから・・・、忙しくて時間取れないから今食べとかないと・・・。また一人暮らしなのでコンビニや外食も少なくない。それがファスティングを通してトレーナーから教えてもらった最新の栄養や食に関する情報は目から鱗だった。何か疲れがとれないとか、調子が悪い原因の一部と考えられる食品の摂取をやめた。食生活が変わった今は体調・体形をそのまま維持している。

 

体験談② 40代男性

準備期間3日 ファスティング期間6日 回復期間4日 体重-4.6kg


「隠れ肥満改善・内臓脂肪減少が目標」だったBさん。公認会計士という仕事柄ストレスも多く、週1回のパーソナルトレーニングに変化をつけるため、前々から興味があったファスティングに挑戦。2日目に強烈な空腹感や目眩と集中力の欠如を感じ、挫けそうになったがトレーナーからの適切なアドバイス(梅干し効果!)で復活。最後までやり抜きました。体験後3カ月近くになりますが体重も体脂肪率もほとんどかわりません。「何をどのくらい摂取したらどうなるか」わかったのが大きい。今後は年に1度継続していこうと思っています。