メッセージ

1983年ユナイテッドスポーツクラブエグザス青山オープン
1987年ティップネス渋谷オープン

 

30年前のこと、ピンとこない若い世代も多いはず。
遡れば日本のフィットネスクラブ(当時はスポーツクラブ)のスタンダードはすべてここから派生している。

 

原宿の歩行者天国や、六本木の“ディスコ”で踊っていたお姉さんもエアロビクスを嗜んだ。
Reebokのフリースタイル(エアロビクスシューズ)がスタジオを飛び出し、街じゅうを闊歩していた。
ベンチプレスはゴールドジムだけのものではなくなり、
挨拶代わりの「今日は何キロ?」そんなお兄さんはいつもタンクトップで胸元を強調し、
足元はNikeのエアーマックスでキメテいた。
(幸いにも僕はオヤジ狩りに遭わずにすんだけど)

 

そう、当時のスポーツクラブには元気が溢れていた。流行りのファッションやカルチャーの一部だった。

 

バブル後の失われた20年で業界の勢力図もなんとなく色分けされてきたようだ。
なんでもありのパッケージから便利さとコスパが重視され、施設の細分化がすすんだ。
今や24時間は当たり前、動きはファンクショナルじゃなきゃダメで、ヨガと骨盤も外せないらしい。

 

環境を考えてエコ、ライフスタイルでエコは大いに歓迎すべきだろう。
と同時に、エゴ(自我:ココロとカラダ)のメンテナンスも必要ではないか?
どうせやるならカッコイイほうがいいんじゃない?

 

Gazelleは日本のフィットネスクラブを牽引してきた先達たちへのオマージュであり、
あなたのカラダに向き合い、セルフ・コンディショニングをサポートするスタジオです。

 

代表 秋谷 浩司

 

目的:ココロとカラダ作り、繋がりと関わりを追求すべく賢くデザインされた解決策をもってQOLを向上させる。(Purpose:Improve quality of life with intelligently designed solutions with a focus on engagement and training for the mind and body)

事業内容:特別にデザインされたヨガ、パフォーマンストレーニングやニュートリションプログラムを提供する小規模専門特化型スタジオ。(Description:Boutique lifestyle studio offering specifically designed programs in yoga, performance training and nutrition)