トレーナーBLOG

コアトレーニング 〜続編〜

皆様、おはようございます。

トレーナーの相良です。

 

前回、身近なコアトレーニングとして呼吸をご紹介しました。

吸気を5秒程度、呼気を10秒程度で呼気を長く行うことで腹筋と背筋の活動が起きやすいと載せました。

実際に行って頂くとわかるのですが、息を吐き切ることは意外と大変です。

今回は息を吐き切りやすくする為のポイントをお伝えします。

 

①肋骨の上に手を置きます

IMG_3027

②息を吐きながら置いている手を使って肋骨を下に滑らせていきます

IMG_3031

吸気では肋骨が下に滑るような動きが伴います。

この動きが出にくいと息を上手に吐き切ることが困難になる為、最初は自分の手を利用して息を吐き切りやすいようにしてみてください。

 

トレーナー 相良